Phosphophyllite

情報系学部に通う雑魚学生の日常・進捗・疑問ブログ

処刑人っていう映画が好きだという話


処刑人っていう映画を昨日友人と1, 2続けて見て悶え転がってました。
結構有名らしいけど、カルトなファンも存在するのでB級と扱われることもあるらしい。
1から契約トラブルなんかがあって10年後に2が公開、現在3が進行中。


ボストンの裏路地に住む敬虔なクリスチャンの双子の兄弟が、神の啓示を受けて法で裁けない悪人を殺していくっていう筋書きはかなり単純なお話。
双子がイケメンで、体中にラテン語のタトゥーやらを掘りまくり、語学が堪能で(兄弟で別々の言語で会話しだす。しかも一回話す毎に言語を変える)、殺す相手を跪かせて二人で頭に銃つきつけて、祈りを唱えてパァンした後は死後の渡し賃のペニー硬貨を両目に載せてやって両手を組ませてやって……っていう中二要素をこれでもかと詰め込んでるのにイケメンだから全てがかっこよく見える。
会話の度にfuckを入れないと気が済まないのか全体的にめちゃくちゃ口悪くてスラングだらけでまったく聞き取れなかった。
あと時々ゲイが出張る。


バンバン撃ちあって血がだらだら出るのと、ところどころに微妙にグロっぽくなるので日本ではPG-12、大体の他国ではR-18。
日本のこの規制って結構緩いのかな。
あと2ではやたらデブの裸だったり、デブがピンクの下着だか水着を着てみたり、なんだこれ趣味なのこれも規制に入るの? って思った。


ちなみに原題は「The Boondock Saints」作中でも時々言われる「路地裏の聖人」。
厨二病患者を殺す気か。


なんか酒飲んだりしてふざけまくってきゃっきゃしてる兄弟がめっちゃ可愛かったんだよなぁあんな兄弟ほしかった。
根本は賢いんだろうけど、ノリとかで生きてるみたいでたまに「あっこいつら馬鹿だ馬鹿かわいい人種だ」ってげふんげふん。
全体的に下ネタ多めで終始ぶっ放してるので、酒飲みながら見るにもいい映画だと思った。
法で裁けないけど実害あって被害も出てて、彼らが死ねば市民は喜ぶ、だけど警察は仕事だから殺人者を追わねばならない、でも心の中では見逃したいと思ってる、っていう葛藤もありき。
法で裁けないものを人が人の倫理で裁いていいのか、っていうところは、PHYCO-PASSの1期のラストと被るような気もした。
おすすめ。
案の定名作シーンとかいってつべに部分部分で違法アップロードされてたわぁ。